【幼児教育の無償化】今までより安くならない驚愕の事実が判明!?

子育て

こんにちは、こじけんです。

 

今日は10月1日から始まる幼児教育の無償化について、コメントしたいと思います。

僕は4歳と1歳の男の子がいる父親です。

毎日子供は暴れ放題、散らかし放題、家は大変なことになってますが

それはそれなりに楽しい生活をしています。

上の4歳の子は、幼稚園に通っているのですが、10月1日から幼児教育の無償化が始まって、幼稚園は無料になるみたいなんです。

これ本当に助かりますよね。確か今まで幼稚園代は3万円近く払っていたのでは ・・・

でも幼稚園のことは僕あんまりピンと来てないので、ちょっと幼児教育の無償化について詳しく調べてみました。

幼児教育の無償化本当に安くなるの?何歳からいくら安くなる?

幼児教育・保育無償化(10月1日~)

  • 0~2歳 住民税非課税世帯のみ
  • 3~5歳 原則全世帯

2歳から2歳児クラスは住民税非課税世帯のみ。これは私のようなサラリーマン家庭では、ほとんど適用されません。

3歳から5歳児クラスは原則全員、保育料が無料になります。

※住民税非課税世帯とは・・・

  • 生活保護を受けている
  • 未成年者もしくは障害者、寡婦・寡夫であって、前年の所得金額が125万円以下である
  • 前年の合計所得金額が以下のとき
  1. 扶養している配偶者または扶養家族がなく、35万円以下
  2. 扶養している配偶者または扶養親族があり、35万円×(控除対象配偶者・扶養親族の数+1)+21万円以下

3~5歳の場合の条件

  • 幼稚園(一部を除く)・・・全世帯無償化 
  • 保育園 ・・・全世帯無償化
  • 認定こども園 ・・・全世帯無償化
  • 認可外保育施設 ・・・毎月最大37000円補助

 

そして3歳から5歳の場合は全世帯無償化の対象となります。

幼稚園の上限は月額25700円までとなります。

しかし全部が全部無償化されるわけではありません。

実は子供の送り迎えにかかる費用や給食費だったり、幼児のために別途支払うような費用は、これまで通り支払うようになります。

そして預かり保育も利用したいという方だと、保育の必要性の認定を受けた場合は月額11300円まで無償になります。

なので幼稚園の無償化の上限の月額25700円とプラスこの預かり保育の11300円が加算されることになるので、トータルでいると最大37000円ということになります。

 

次に認可外の場合も同じように2歳未満の場合は保育の必要性があると認定された住民税非課税世帯のみが対象となります。

そして3歳から5歳こちらも保育の必要性があると認定されると月額37000円まで利用料が無償化されます。

さらに一時預かり・病児保育事業・ファミリーサポートセンター事業も同じように無償化の対象です。

 

まとめ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  • 幼児教育の無償化とは3歳から5歳がメイン対象の制度
  • 2歳までは住民税非課税世帯が対象
  • でも預かり保育を入れて最大37000円までしか無償にならない
  • 無償化は利用料のみで給食費やその他の費用は自己負担

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ということで幼児教育の無償化についてご紹介しましたが、じつは意外と払わないけないお金はあるということがわかりましたね。

僕の家庭でもたぶんこれからも、月に1万円弱は給食代等を払わないけないのですし、今までは市から保育料の助成金が出ていました。

なので実質支払うお金はほぼ変わらないという、驚愕の事実が出てしまいました・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

これが幼児教育の無償化のカラクリなんですよね・・・

皆さんもしっかりと計算をしてみてくださいね。

それではまた!

タイトルとURLをコピーしました