そろそろオムツ卒業したい!僕が息子にトイレトレーニングした3つの方法

子育て

こんにちは!どうもこじけんです。

今日は幼児がオムツを卒業する方法についてコメントしたいと思います。

僕の息子のK君もなかなかオムツを卒業できずに悩んでいました。

  • 同じ幼稚園の子は1年前からオムツ卒業できているのに・・・
  • うちの子3歳になるのにまだオムツが取れてない・・・
  • 早くトイレトレーニングをしてオムツを卒業してほしい・・・

もしかするとあなたも同じような悩みを感じている人もいるかもしれません。

しかし安心してください !

僕がうちの子に試したこの方法ならみんな簡単にオムツが取れるようになるんです。

この記事はオムツがなかなか取れない子が、トイレに向かってくれるようにする方法やオムツを卒業する方法を紹介していきます。 

 

朝起きてすぐが勝負

うちの息子Kは2歳半になった時にトイレトレーニングをスタートしました。

始めた時はなかなかトイレに行くことを嫌がっていました。

トイレに行くことはめんどくさいし、オムツをしたままおしっこした方が楽だし、

本人もなかなか自分からトイレに行きたいって言い出せないでいました。

 

そこでまずは友人の奥さんのYちゃんにどうやって子供と、トイレトレーニングしたのか聞いてみました。

「うちの子はね、朝起きてすぐトイレに行くように習慣づけてから、自分でもトイレに行けるようになったよ。それでできたらすごく褒めるんだよ。」 

 

朝起きてすぐはおしっこに行きたいことが多いので、一緒にトイレに行って成功体験をさせることが大切なポイントらしいのです。

そしてもっと大事なことが、”褒めること”

「すごいね!よくできたね!」と褒めることで、子供はまたトイレに行きたいと思うようになるんです。

誰でも褒められて嫌な気分になる人はいませんよね。

これは子供も同じ。上手にトイレができたことを褒めてあげましょう。

 

年上のお兄ちゃんの姿を見せる

義理の妹の子供が年上の子だったので、兄ちゃんがトイレに行く時に一緒にトイレに行くのもよかったですね。

そしてトイレをどんな風にするのか見せてもらうことが効果的なんです。

でも最初のきっかけは息子がお兄ちゃんについて、勝手にトイレに入ってしまったことなんですけどね。

始めはお出かけの時「オムツをはきたい」と言っていたのが、お兄ちゃんの姿を見てからは「トイレにひとりで行きたい」と自分でトイレに行くようになりました。

 

トイレに行くとご褒美のシール

そして一番効果があったのかこれ!

これはうちの嫁がママ友から聞いた方法です。

その方法とは”トイレに行くたびにご褒美シールをシール帳にペタン!”です。

 

このご褒美シールをスタートしてからは夜おもらしをすることもなく、

完全にオムツを卒業することができました。

シール大好き子供にとっては最高のご褒美ですよね。

冬の寒い日や夜寝てからのトイレは大人でも行きたくないものです。

そんな時にこのご褒美シールの方法をやってみるといいかもしれませんね。

 

まとめ

うちのK君がオムツを卒業した3つの方法

  1. 朝起きてすぐトイレに行く
  2. お兄ちゃんとトイレに一緒に行く
  3. トイレに行くたびにシールのご褒美

 

もしうちの子がオムツが取れなくて困っているという悩みをもっているなら、

ぜひこの方法を試してみてください!

効果には個人差もあると思いますので、すぐには取れなくても根気強く続けてやってくださいね!

今日の話はここまで。ではまた!

タイトルとURLをコピーしました