【お金の勉強】お金持ちになる方法とは?基本的な考え方編

お金

こんにちは、こじけんです。

今日からお金の勉強をしていきたいと思います。

 

基礎編っていうところでやっていきたいんですけど、皆さんお金を増やしたいですか?

みんなお金増やしたいですよね!みんなお金大好き!

 

分かりました!!

じゃあ今日は特別にね皆さんにお金の増やし方を教えていきます。

 

まずご先祖さんのね大事にしてください。それからお墓を綺麗にしてください。

あとでおすすめする成功のツボっていうの買って欲しいんですよ・・・とは言わないんですけどねwww

 

あの冗談は置いといて、この金運が良くなる〇〇とか色々ね巷であるんですけど、これだけだったらやっぱちょっとお金持ちになれないんですね。

 

で、お金の自由を得るにはやっぱり正しい知識ってのが必要なんですね。

お金の増やし方を知ることで人生が変わります。

 

お金のために働く世界からお金が自分のために働いてくれる世界に移住する。

労働者から資本家側に移住するってことですね。

 

僕たち日本人は学校で正しいお金の知識とかそういう教育を受けてきてないんです。

日本人は特にやっぱりお金のことに関してちゃんと学んで行かないといけませんね。



お金持ちってどういう人たちのこと?

 

そもそもお金持ってよく言われるけど、お金持ってどういう人たちなんでしょうか?

 

野村総研から出てる少し前のデータなんですけど、富裕層(お金持ち)と呼ばれるのが1億円以上の資産を持ってる世帯です。

でもほとんどの人がマス層かアッパーマス層と呼ばれる3000万以下の部分(一般庶民)がほとんどなんです。

 

これを必ずこの一番てっぺんを目指さないといけないってことじゃなくて、少しでもいいから上に上がりたい、ちょっと景色を変えたいっていう人のために今日は解説していきたいと思います。

 

結論は・・・

お金のために働いていても、永遠にお金持ちにはなれないということなんです。

 

ではなぜお金のために働いていてもお金持ちになれないのでしょうか?

 

働いているだけじゃお金が増えない理由とは

まず日本の40歳の人の平均資産はマイナス1000万なんですよ。

ほとんどの人が負債を抱えている状態です。

 

高校生の学生の時とかアルバイトして少しずつでも貯金できてるはずなのに、どうして社会人で毎日頑張ってる大人の40歳の人達の平均資産がマイナス1000万になってしまうのでしょうか?

 

フランスの学者さんでピケティという人がいるんですけど、その人が言うには給料が毎年増えるスピードよりも支出が増えていくスピードの方が早いんだってことを言っています。

 

所得(給料)が増えるスピード < 支出が増えるスピード

 

これがお金が増えない理由なんです。

 

やっぱり会社で昇給する金額とかってそんなに大きくないですよね。

それよりも支出が増えていくスピード、家が欲しいなとか子供が生まれて生活費がかかるなとか学費かかるなとか。

 

生活に必要な支出が増えていくスピードの方が早いように感じないですかね。

それはいろんな人の膨大なデータを取って調べてもそうなんです。

 

要は投資をしないと貧乏になるって事なんです!

 

貧乏って言い方よくないんですけど、金持ちとそうじゃない人との差が開いていくってことです。

だからお金の意味で豊かになりたいんだったら、労働者側から資本家側に回らないといけないですよ。

 

それが世の中のしくみなんです。

 

でもそういうことを言うとサラリーマンがダメなのかと思うかもしれませんが、そういうことではありません。

誰かの労働、勤労の上にこの世は成り立ってるんで、それはもちろん価値があることなんです。

 

けど今はちょっと一旦置いといて、お金持ちになるという観点で話を聞いてほしいと思います。

 

お金を生み出すための不労所得とは

じゃあ労働者側から資本家に回るにはどうすればいいのかっていうことを説明していきます。

 

少ない労働力あるいは自らの労働力とは別にお金が増える仕組みを作る。

よく聞くのは不労所得って言葉ですよね。

 

不労所得を増やすもしくはセミ不労所得ですよね、働いてるんだけど時間単価がすごく高くなる、そういう所得を増やしたいということです。

 

お金がお金を生み出す仕組みを作る=不労所得

 

自分の代わりにお金をもたらしてくれるお金のなる木を作っていくということです。

お金のなる木を作るとどうなるのかっていうことなんですけど、

 

 

例えば、

①毎月5万円産んでくれるお金のなる木⇒100万円

②給料から毎月5万円貯金できる。

 

 

そうするとこの最初の100万円の木を買うための100万円を貯めるのに必要な時間は1年8ヶ月です。

普通の人はその溜まった100万円で何かに使っちゃうじゃないですか?

 

でもそこに使うんじゃなくて、ここでお金のなる木①を買って、今まで通り給料から5万円に加えてお金のなる木①からの5万円を合わせてるんです。

 

そうすると毎月10万円貯まりますよね。

毎月10万円貯まると、今度は10ヶ月で100万円貯まりますね。

最初に100万円貯めるのには1年8ヶ月かかったけど、2回目100万円貯めるのにはあと10ヶ月で貯まる。

 

この10ヶ月で貯まった100万円でまたお金のなる木②を買うんですよ。

このお金のなる木②を買うと今度は毎月15万円貯まりますよね。

 

つぎはお金のなる木①と②から5万円ずつ給料から毎月15万円貯まるんで、7ヶ月で約100万円貯まりお金のなる木③が買えます。

また一緒でお金のなる木③を買うと毎月20万円で、5ヶ月で100万円。

 

お金のなる木④を買えば、毎月25万円貯まるから今度は4か月ですよね。

この状態になってから消費すればいいんですよってことです。

 

先にみんなだいたいこの100万円をお金のなる木を買う前に使っちゃったり、もしくは貯めてるんだけどこの木を買わずにずっと溜めてるだけということをしまいがちです。

だからさっきの労働所得一本に頼らないといけないんで、いつまでたっても楽になれないいうことなんですね。

 

お金のなる木を作る方法とは

じゃあお金のなる木を作る方法はどうしたらいいの?っていうことなんですけど、そんなに種類って大きく分けたらありません。

 

 1. 株を買う

 2. 不動産を買う

 3. コンテンツを作る

  • 小説を書く
  • サイト運営をする
  • ブログを作る
  • YouTuber

 4. 会社を作る(事業を起こす)

 5. 上記を生み出すための自己投資

 

 

お金のなる木を作るため買うためにはある程度お金が必要なんです。

だから最初の種銭を貯めるために支出を減らして、労働収入を増やしてお金のなる木を買うの元手を作る!ということが重要になってきます。

 

お金のなる木を買うために貯金をするんだ!

残念ながら、ただ貯めてるだけだったら一生お金持ちになれないです。

 

まとめ

  1. 労働所得と貯金だけではお金持ち、生活が豊かになるのは難しい
  2. お金のなる木を作る=不労所得を作る
  3. まずはお金のなる木を買うための種銭(最初は労働所得)を稼ぐ

 

お金のなる木を買う貯金をするにも労働所得、普通にサラリーマンをやってるだけだったらなかなかたまりづらいんです。

だからいろんな方法でお金を貯めていく必要があるんですよね、この考え方がすごく大事なんですよ。

あまりこういうことで学校で習わないですからね・・・

 

今日は一旦終了したいと思います、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました