10万円給付の申請のやり方は?2つの申請方法と2つの注意点とは?

お金

こんにちは、こじけんです。

2020年4月20日に総務省から特別定額給付金の概要が発表され、国から1人10万円がもらえるようになりました!

それを受けて、この記事では10万円給付の申請のやり方をわかりやすく解説していきたいと思います。

この10万円実は申請をしないともらえないんですよ!

ほっといたらもらえませんので、うっかりもらい忘れがないようにしっかりと申請のやり方を理解しておきましょう。

そもそも特別定額給付金って何?

【特別定額給付金とは】

コロナウイルス感染症緊急経済対策の一つとして、家庭の支援を行うための給付金。

家計の支援ということでいただけますので、趣旨を理解した上で無駄遣いをしないよう使いましょうね。

【給付対象者】

令和2年4月27日において住民基本台帳に記録されてるもの。

住民基本台帳って何ですかってことなんですけど、これは地方自治体がまとめた台帳のことなので、住民票を持ってる方であれば給付金をもらえるというふうに考えて間違いないと思います。

【給付額】

対象者一人につき10万円

7人家族ならこの7人が全て住民基本台帳に記載されていれば、全員もらえるという形なんですね。

10万円×7人っていうことで70万もらえるという形なんですよ!

実際にもらえる人=受給権者はですね、その世帯の世帯主という形になります。

誰が世帯主なのかも住民票に記載されてますので、それを確認してみてください。

例えばこの家族の場合はですね、このお父さんが世帯主だとします。

この家族は7人家族ですので、世帯主に70万円振り込まれるという形なんですね。

世帯主さんは家族と相談してこのお金をどう使うかってことを検討してくださいね。

世帯主さんがお金を勝手に使うともめ事のもとになりますので注意してください(笑)

 

10万円給付のやり方は?

 

この特別定額給付金っていうのですね、必ず申請が必要なんです。

なので辞退する人は申請しなくてもいいんですけど・・・

まぁもらえるものはちゃんともらってきましょうね!

申請方法はこの2種類あります!

① 郵送申請方式(おすすめ)

②オンライン申請方式

1つ目が郵送申請方式です。こちらのほうが簡単なやり方ですね。

そしてもう1つはオンライン申請方式です。この2つ目のオンライン申請方式はマイナンバーカードを持ってる人が対象になります。マイナンバー通知カードだけでは申請できませんので注意してください。

 

① 郵送申請方式のやり方

1.市区町村から申請書が届く(届く日は未定、市区町村で変わる)

2.振込先口座を記入

3.以下を添付

・振込先口座の確認書類

・本人確認書類の写し

 

早ければ5月中には振り込みできるころもあるみたいですね。

あと振込先口座を持ってない方は、例外としてですね市区町村の窓口で受け取るということも可能になるようです。(まだ詳しくは未定)

 

②オンライン申請方式のやり方

そしてもう一つのやり方がオンライン申請方式なんです。

こちらはですねマイナポータルっていうサイトかから申請をします。

1.マイナポータルで振込先口座を入力

※マイナンバーカードが必要。そしてパソコンで申請する場合にはICカードリーダーが必要。対応のスマホでアクセスすることもできます。

2.振込先口座の確認書類をアップロード

3.電子申請

ちょっとこちらのオンライン申請方式がハードルが高いですよね。

それをかなりのITスキルが必要なんじゃないかなと思います。

 

10万円給付についての2つの注意点とは?

申し込み期限が3か月

1つ目は申し込み期限です。

これ重要なんですが郵送申請方式の申請受付開始から3ヵ月以内となります。これから外れると申し込み期限が切れて10万円もらえないという形になりますね。

これ十分に気をつけてください。できれば申請受付の開始が始まったらすぐに申請したほうがいいと思います。

マイナンバーカードがない人は郵送申請方式にすべき

申請方法には2つありますが、どちらで申し込むべきかっていうことを私からのアドバイスをさせていただきたいと思います。

もちろんマイナンバーカードを持っていなければ郵送方式が断然いいです!平成27年10月からマイナンバー制度が始まったわけですが、マイナンバー通知カードを持っていてもマイナンバーカード(写真付きのやつ)は持っている方は少ないと思います。

そしてマイナンバーカードを発行するためには約1ヶ月必要になるんです。そうすると10万円給付のタイミングを逸してしまう可能性がありますので、ちゃちゃっと郵送申請で済ませてしまいましょう!

マイナンバーカードを持っていてもオンライン申請に自信がなければ、郵送申請方式で申し込みしたほうがいいでしょう。

もしオンライン申請に自信があれば、オンライン申請で申し込みをトライするっていうこともありかなと思いますが、郵送でもオンラインでももらえる金額は10万と変わらないのでやりやすい郵送申請方式をオススメします。

 

まとめ

【対象者】住民基本台帳に記載されているもの

【給付額】対象者一人につき10万円(世帯主一括振り込み)

【申し込み方法】

郵送申し込み方式(オススメ)

②オンライン申し込み方式

【注意点】

①申し込み期限が受付開始から3か月以内

②オンライン申し込み方式にはマイナンバーカード・ウェブ環境などが必要

以上詳しくは各市町村から送られてくる申し込み案内をご覧下さい。

以上今回は特別定額給付金10万円の給付のやり方を解説しました!

最後までご覧くださり、ありがとうございました 

 

タイトルとURLをコピーしました