ながさき紫陽花まつり2020場所とアクセスは?見頃の時期も調査!

観光・名所

こんにちは!こじけんです。

梅雨の時期になると雨で毎日ゆううつですが、数少ない天気がいい日にはドライブに行きたいですよね。

梅雨の時期にはあじさいがきれいですよね。今回おすすめしたいスポットというのが、

ながさき紫陽花まつりです!

このながさき紫陽花まつりは、九州の中でも人気のあるスポット、紫陽花の名所となっていますので、例年数多くの観光客が押し寄せています。

そこで今回は「ながさき紫陽花まつり2020場所とアクセスは?見頃の時期も調査!」と題して、このながさき紫陽花まつりの2020年の状態。また、場所や混雑状況・アクセスについて調査してみました。

ながさき紫陽花まつり2020場所とアクセスは?

「あじさいは見たいけれど、人気スポットとなればかなりの混雑が予想されるのでは?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

そこで実際にながさき紫陽花まつりが、どこの場所で開催されていてどれくらいの混雑なのか?またアクセス方法としてオススメなものは何か?

について調査してみました。

ツイッターの口コミを見ると、日程は例年5月の4週目の土曜日から6月3週目の日曜日までの期間のようです。

主な会場は①眼鏡橋、②出島、③シーボルト宅跡、④JR長崎駅、⑤グラバー園の5会場となっています。

色んな会場で約3000株のあじさいが見れるので、特に混雑などはないようです。

駐車場が止められなくなったり、渋滞が起こるような混雑はないですね。

そしてアクセスですが、まずは長崎市内の地図について確認したいと思います。

長崎市内の地図↓

長崎駅を中心に路面電車でどのスポットにも行けますね!

自分の行ってみたいところをチェックしてみて、訪れたらいいと思います。

私のオススメは眼鏡橋とグラバー園ですかね。

もちろん車で行くのも便利で、長崎ICを降りてすぐに5会場ともあり、100円パーキングに停めて路面電車で散策するといいでしょう!

ながさき紫陽花まつり2020見頃の時期も調査!

あじさいの時期にながさき紫陽花まつりに行こうと思ったときに、やっぱり見頃の時期を狙っていきたいですよね!

そこで、例年の見頃の時期を調査してみたいと思います。

今年の天候などで少々ずれが生じる場合もあるかもしれませんので、あくまでも参考ということにしていただければ幸いです。

「ながさき紫陽花まつり」

開催期間

【参考】2019年5月25日(土)~6月16日(日)※2020年年度は2020年5月現在ネットに記述なし

開催時間

施設により異なる

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。
 
引用:ウォーカープラス

長崎の「あじさい」は、出島のオランダ商館医・シーボルトのお気に入りの花で、長崎市民にはゆかりのある花です。

シーボルトは大好きなあじさいに愛する人の名前から「オタクサ」と学名をつけ、ヨーロッパに紹介したのです。今はオタクサというお菓子が長崎では有名ですよね!

そんなながさき紫陽花まつり祭りでは20種類、約3400株のアジサイが各所で見ることができ、多くの観光客やカップルでにぎわっています。

紫陽花まつりのパンフレットを見てみると、いろいろな観光コースの紹介がしてありますので、そちらを参考にするといいでしょうね。

あじさいの見頃については

6月上旬~6月中旬が見頃となるようです。

最近は温暖化お影響で見頃が早くなる傾向がありますので、5月下旬でもしっかりと開花しているかも入れませんね。

まとめ

今回は「ながさき紫陽花まつり2020場所とアクセスは?見頃の時期も調査!」と題して、2020年のながさき紫陽花まつりの開催場所やアクセス方法と見頃の時期などについて調査してみました!

綺麗なあじさいが見たい!と感じたならば、様々なスポットがありますが、ぜひ長崎のあじさいも一度見ておきたいですよね!

見頃の時期に訪れることで、混雑に巻き込まれる可能性も少々ありますが、天候のいい日を狙って出かけてみるといいでしょう。

では最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました